4. 光ファイバセンシングの構成要素

光ファイバセンシングの構成要素

(1)測定器 = 光ファイバセンサの出力をデ-タへ変換すると共に、歪みや温度値として意味付ける。
(2)センサ = 歪みや温度を光ファイバ内の変化特性値として検出。
(3)施工  = 構造物に合わせ、センサ機能を正常に発揮させるためのセンサの固定。
(4)ソフト  = 測定目的に合わせたデ-タ処理を実現するソフト(測定、解析、警報)。

お気軽にお問合せください!

お問合せ・ご相談

連絡先 お問合せフォーム