1.光ファイバセンシングと電気式センサ(熱電対やひずみゲージなど)との比較

従来のセンシングの問題点従来のセンシングについては以下の問題がありました。
(1)点測定のため分布的に変状を測定しようとすると、通信線が膨大になるなど、莫大なコストがかかる。
(2)基本的には電気的なセンサ(熱電対、抵抗線歪み計)で耐雷性が無く、電磁ノイズの影響を受ける。
(3)センサ寿命が短く、取り替えやメインテナンスが必要であり、高コストとなる。
(4)また、構造物や取り付け場所によっては適用できない。
(5)可燃性雰囲気などの使用に際しては、格別の防爆保護構造が必要となる。

それに対し、光ファイバセンシングは、

光ファイバセンシングの優位性(1)光ファイバは伝送損失が0.3dB/kmと、極めて小さいため(電線の約1/1000)長距離測定が容易。
(2)光ファイバ自体がセンサとして機能するので線や面的など分布的測定が可能で、それらに格別の通信線を必要とない。
点センシングと線分布センシングの特徴
(3)電磁ノイズや防爆に関する対策を必要とせず、安定した測定が可能である。
(4)耐久性があり、長期(10年以上)に渡る適用が可能である。
(5)光ファイバを接続して追加したりシステムを拡張し多用化でき、複数の構造物の監視ができる。
光ファイバセンシングの多ルート化
(6)測定器から離れているセンサに給電する必要がない。
(7)多くの測定項目や測定対象に対して適切な監視システムの構築が可能で、監視システムのメンテナンスコストを低減できる。

お気軽にお問合せください!

お問合せ・ご相談

連絡先 お問合せフォーム